介護士の仕事とは?

7b55b1d13ddb8f21aa8a55abe553eb14_s

高齢者や障害者を専門的なスキルでサポート

介護士の主な仕事内容

介護士の仕事は、自分の力だけで日常生活を送ることが困難な高齢者・障害者などの要介護者に対して、身体介護のほか、生活の援助、メンタルサポートなどを行うことになります。

介護士の仕事は、身体介護、生活援助、相談・助言、社会活動支援の大きく4つに分けられます。

身体介護では、食事、排泄、入浴などを支援します。要介護者を車いすへ乗せて移動したり、歩行の補助を行ったりもします。

生活援助では、食事、洗濯、掃除、買物などの日常的な家事全般をサポートします。在宅介護の場合には、こうした家事の援助は特に重要性が高くなります。

相談・助言としては、要介護者やその家族の相談を受けてアドバイスを行います。専門知識を活かして、適切なアドバイスを行う能力が必要になります。

社会活動支援としては、要介護者が家族や近隣の人たちと良好な関係を築くことができるようなサポートを行います。社会活動支援は、要介護者の生きがいづくりのために重要です。

 

介護士の勤務場所と必要なスキル

介護士の勤務場所としては、介護施設のほか、要介護者の自宅など様々です。

介護施設の中には、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、グループホームなどがあり、介護士の就職ははこうした施設で働くことになります。

要介護者の自宅で居宅サービスを行う場合には、居宅サービスの事業所に登録するなどし、訪問介護員(ホームヘルパー)として働くことになります。

介護士として働くには、基礎体力やコミュニケーション能力が必要になります。介護士の仕事では、要介護者の移動を助ける場面も多くありますから、体力がなければ務まりません。

また、要介護者や家族とコミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を築くことが必要になります。介護士として働くには、人と接することが好きなことが欠かせない条件と言えます。一人一人にじっくりと向き合い、冷静に対処できる能力も求められます。