必要な資格

介護の仕事をするなら取っておきたい資格

介護の入門資格を取るところから始める

介護の仕事は、資格がないとできないわけではありません。ですが、資格を取っておくと、就職や転職の際には有利です。また、最初は資格なしで就職しても、長く勤務を続けていくつもりなら、介護福祉士の資格を取得しておいた方が良いでしょう。介護福祉士は国家資格ですから、全国どこへ行っても通用します。

これから介護の仕事を始めるなら、まず取っておきたいのが介護職員初任者研修です。介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級に代わる資格で、介護の基本的な知識と技術の習得を目指した介護の入門資格になります。

介護職員初任者研修には介護実習はなく、所定のカリキュラムを修了した後、筆記試験に合格すれば資格を取ることができます。介護職員初任者研修の上位資格として、介護福祉士実務者研修があります。介護福祉士実務者研修は、介護福祉士を受験する前提として必要な資格になりますから、介護福祉士を目指す人は取っておきましょう。

 

介護職を続けていくなら介護福祉士資格を取る

国家資格である介護福祉士の資格を取れば、介護のスペシャリストとして国に認められたことになりますから、介護の仕事をする上では有利になります。介護職の中でも、介護福祉士はより専門的な知識や技術を持った人材になりますから、転職する際にも役立ちます。

介護福祉士になれば、現場の介護職員をまとめるリーダー的な役割を任せられることもあります。介護福祉士資格を取得すれば、資格手当がついて、給与がアップすることもあります。

福祉系高校や介護福祉士養成施設を卒業した場合以外で介護福祉士資格を取るためには、3年以上の実務経験が必要になります。これから介護福祉士を目指すなら、まずは介護の現場に入るところから始めましょう。

なお、介護の最上位資格として、ケアマネジャーがあります。ケアマネジャーになれば、ケアプランの作成などの仕事が中心になり、現場の介護職と比べて給与もアップします。